AUTO CADの互換ソフトを提供するサービスを行っている業者も存在しています。このような業者を利用した場合には、最初から申し込みを行うのではなく、まずは体験版を利用してみることが可能な場合もあるのです。体験版なので、一般的なAUTO CADや互換ソフトのようにいろいろなことができるというわけではなく、機能がある程度制限されているのが普通です。

それでもいろいろな作業ができるので、まずはどのような感じなのか、自社で行う仕事がこのソフトでできるのかなどを確かめておきましょう。体験版と言っても、本格的に設計図を作成できる場合が多いのですが、通常は無料体験版を利用できる期間が定められています。この期間を過ぎてしまうと、無料体験版のソフトは利用できなくなってしまうので、ある程度自分で勉強をしてから使用しないといけません。

無料体験版で慣らそうと考えると、慣れた頃には使用できなくなっているというケースもあります。もし問題なさそうであれば、資料請求をしてみましょう。問題がある場合には、別の互換ソフトを探すようになるでしょう。資料請求をしていろいろと内容を確認し、不明な点はきちんと問い合わせをしてから導入するべきです。そうすれば導入しなければよかったと後悔することも少なくなるでしょう。